18時以降に食べないダイエット法で本当に痩せるのか?

一般的に食事制限ダイエットというと「あれ食べたら駄目」「これも食べたら駄目」と、数々の困難がつきもの。

しかし、この記事で紹介する18時以降に食べないダイエット法ならばそのような苦悩とはおさらば!BMAL1という脂肪の増減に関わる体内物質の特性を知ることで、簡単に痩せられるダイエット法を追求してみましょう。

18時以降に食べないと痩せるというのは本当か?

18時以降に食べないダイエット法

遅い時間に食事をしなければ痩せられるのか

深夜や寝る寸前に物を食べると太るというのは定説として昔から存在する考え方であり、ダイエット中には深夜の食事がタブー視されていますが、これにはれっきとした科学的な根拠があります。

人は食事をすると血糖値が上昇し、それに伴って脂肪の分解を妨げる効果を持ったインスリンが放出されます。寝る前に食事をすると、就寝中に常にインスリンが放出され続けている状態に陥り、同時に分解しきれなかった中性脂肪がどんどん体に蓄積されていきます

これが「寝る前に食べると太る」という仕組みです。

鍵を握っているのは「BMAL1」という物質

時計遺伝子という存在をご存知でしょうか?

一般に「体内時計」と表現されるリズムを司る遺伝子群のことを時計遺伝子と呼び、その時計遺伝子の中で脂肪の増減に深く関与するのが「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれる物質です。

BMAL1にはブドウ糖の血中量を増加させる作用があるため、BMAL1の放出量が多い時間帯に食事をすると太りやすく、少ない時間帯に食事をすれば太りにくいということが分かっています。

このBMAL1は、午後10時から午前2時にかけて最も多く放出され、反対に午後2時から3時にかけて最も少なくなります。つまり、午前2時から午後2時にかけてBMAL1の放出は緩やかに減り続け、逆に午後3時から午後10時に向けてゆっくりと増え続けていくということになるのです。食事の時間が遅くなればなるほど太りやすくなる理由には、このBMAL1が大きく関わっています。

これらの事情を鑑みた上でベストの食事時間が「18時前」

こういった2つの事情を鑑み、さらに日本人の平均的な就寝時間を計算に含んでいくと、午後18時以降に食事や間食を行うと太りやすくなるという理論が生まれ、それ以前に食事を済ませればダイエットに繋げられるという説が登場し、それを取り入れてダイエットに臨む方が増えてきているのです。

18時以降に食事をしないBMAL1ダイエットに成功した有名人

倖田來未さん

「エロかっこいい」というキャッチコピーで人気の歌手・倖田來未さんは、18時以降に食事をしないダイエットを取り入れて減量に成功しています。

元から食事をすることが大好きだったという倖田來未さんは、妊娠・出産を機に体重の増加を抑えられなくなり、一時期はネット上で「激太り」が指摘されるなど話題となっていました。

そこで取り入れたダイエット法が18時以降の食事制限というもので、これによって約2ヶ月という短期間で約15kgものダイエットを果たし、全盛期よりもスタイルが良いと評価されるほどの状態で表舞台に復帰しています。

西野カナさん

恋愛ソングの女王として、特に若い女性から絶大な支持を集める歌手の西野カナさん。デビュー当時の印象として線の細さがあったためか、テレビに映る彼女の姿を見て「太った」「いつの間にこんなことになったんだ」といった辛辣な声を上げるファンの姿も見られました。

本人もそれを気にかけたのかダイエットに取り組み、たった一ヶ月超という期間でおよそ8kgのダイエットに成功しましたが、この際に取り入れたのが18時以降に食事をしないというダイエット法だったそうです。西野カナさんの場合にはダイエット中のジョギングを欠かさなかったということも公言していますが、ダイエットを成功に導く重要な要素として18時以降の食事抜きがあったことは間違いないでしょう。

高橋みなみさん

元AKB48の人気メンバーで、初代総監督を務めたことでも知られる高橋みなみさん。彼女の場合は少し特殊で、18時以降ではなく14時以降に何も食べないというダイエットをしていたそうです。高橋みなみさんは、BMAL1の効果を最大限に生かすことのできる時間を食事のリミットとして考えていたようですね。

しかし、このストイックすぎるともいえるダイエットの結果、反対に「痩せすぎ」と心配されるほどの体型になってしまいました。やはりやるのならば18時以降の食事を控える方法が無難なようです。

18時以降に食べないためのコツ

お腹が空いたらガムを噛む

小腹が空いたと感じたり、口寂しさからおやつが食べたくなった場合には、その代わりとしてガムを噛んで空腹をごまかすことがおすすめです。

ガムを噛むと唾液の分泌量が増えるため、お腹がいっぱいになったと脳を錯覚させることができるほか、顎の筋肉を使って噛み続けることによって筋力を発達させ、小顔に矯正することもできます。キシリトール配合のガムなどを購入すれば歯の健康のためにも良く、一粒で二役・三役の活躍を見込めます。

食事の時間はリズムを崩さない

一人暮らしの場合には自分の都合で食事の時間を決めることができますが、家族と同居していると話が変わりますよね。例えばお父さんが帰ってくるのを待ち、全員が揃ってから食事を始めるのが20時になってしまうというケースや、18時以前という比較的早い時間に食事をする習慣がそもそもないというご家庭も多いです。

しかしこのダイエットを成功させるためには、きっちりと食事時間のルールを守って毎日の食事のリズムを崩さないことが重要になります。食事時間の意図や効果について同居する家族と話し合う時間を持ち、理解してもらえるように努めて、18時前に食事を終わらせるようにしましょう。

とにかく早く寝てしまう

お腹が空いたと感じる前に夜は早めに寝てしまうことも、18時以降に食べないダイエットを成功させるための重要なコツです。食事によって分泌されるインスリンが通常の量にまで落ち着くには、食後2~3時間が必要とされています。ですから、18時に食事を終えた場合には21時頃になれば体内環境を元通りにできる計算となるため、生活習慣を改めて21時から22時までの間には寝てしまうということもポイントになるのです。

効果的にこのダイエットを成功させるためにすべきこと

食事の内容を考慮する

18時前に食事をすれば理論上は太りにくいということが事実としてありますが、だからといって胡坐をかいて好きなものを好きなだけ食べていてはダイエットに結び付けることは難しくなります。

例えば倖田來未さんの場合には、18時以降に何も食べないダイエットを行っている最中には、野菜をたっぷりと煮込んだ鍋料理を食べる機会を多くしていたことを明かしています。低カロリーで炭水化物を減らし、同時にたっぷりの栄養を補給できる野菜中心の鍋料理は、このダイエット法を採用するにあたりとても効率の良いメニューです。

軽い運動も取り入れる

西野カナさんがジョギングを行っていたように、食後に軽い運動を取り入れるということもダイエットをより効果的に行うためのコツです。

食べた直後に横になってしまうと消化が滞ってしまい、なかなかダイエットが実を結びません。20分程度のウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽い運動でも構いませんから、少しでも体を動かしてカロリーを消費することも大切です。また、体をしっかりと温めるということも良質な睡眠をとるための重要な要素の一つであるため、食後には入浴や半身浴に時間をかけても良いでしょう。

水分は確実に摂る

18時以降に何も食べないというと、断食と勘違いしてしまう方もおられますが、それは全くの誤解です。空腹度合いに関わらず、18時以降にも水分は必ず摂取しなければ、途中で体調を崩してダイエットどころではなくなってしまいます。カロリーの高いジュースや炭酸飲料、アルコールなどはダイエット期間中は避けるべきですが、水やお茶などのカロリーが少ない飲み物は、睡眠直前まで必ず適度に飲み続けるようにしましょう。

生活のリズムを整えてダイエットにつなげよう

どうしても食事制限ダイエットというと「食事の量」にばかり意識が向きがちですが、この記事で紹介した方法は「食事の時間を制限する」という新しい考え方。

時間さえ守れば何でも食べて言い訳ではありませんが、炭水化物は駄目、脂肪分は極力減らす…などという一般的な食事制限ダイエットよりも、比較的食べる物や量については制限がゆるいダイエット法と言えるでしょう。

食事の時間を守れば自然と生活のリズムも整います。寝る時間も一定にすることで体重以外の面でも必ず良い効果が表れるでしょう。18時以降の食事を制限するこのダイエット法、ぜひ試してみてください!

関連記事:究極のダイエット方法!?ケトン体ダイエット
関連記事:簡単にできる、食欲をコントロールする10の方法



女性の為の60日間ダイエットプログラム。女性専用ダイエット&ボディメイクパーソナルジム