簡単にできるデブ診断法

デブ診断サイトって何だ?

太りやすい体質

なぜ太りやすいのかを解明できる!

ダイエットに励めども励めども全く効果が出ずにイライラが募り、結果的にヤケになって暴飲暴食に走り、ダイエットどころか元の体重よりも太ってしまった…そんな経験が一度くらい無いものでしょうか。そこまでは行かなかったとしても、10kg痩せるつもりが2kg止まりになってしまったり、最初の数週間は順調に体重が減ったのに、ある日を境に体重計に変化が一切起こらなくなってしまうことは多いですよね。

実は顔や性格のタイプが違うように、デブの種類にも様々なタイプが存在しています。基礎代謝が少ない方、食生活に問題がある方、運動が足りていない方など、生まれ持った体質が大きな原因となっている場合から、生活習慣に問題がある方まで太ってしまう原因は各々で異なるのです。
例えば、もともと基礎代謝がそれほど小さくない体質の方が、基礎代謝を上げることを目的としたダイエットに取り組んだとしてもあまり効果は期待できませんし、糖質を分解しやすいタイプの方は、糖質制限よりも優先すべきダイエット法があるかもしれません。

デブ診断サイトでは、なぜ太ってしまうのか、あるいは痩せることができないのかといった理由を様々な方法で導き出し、ダイエットに向けて大いに役立てることを可能にしています。



専属プロトレーナーが指導する完全予約制のダイエットジム es three[エススリー]

無料で診断できるサイトが大多数

現在、非常に多くのデブ診断サイトが開設されており、それぞれが異なるアプローチでデブのタイプを診断し、アドバイスを掲載しています。診断方法としては、10〜50問前後の選択式の質問に回答していくといった形式のサイトが大半で、早ければ数分間で診断結果を閲覧することが可能です。
中には、診断結果の詳細を閲覧するためにメールアドレスの登録が必要となるデブ診断サイトもありますが、無料と記載されているサイトであればお金がかかることはありませんし、もちろんクレジットカードの番号や住所などを入力する必要もありません。

実際にどのように利用し、どういった結果を得られるのか、これから筆者の実体験を基にして紹介していきます。

遺伝子診断で太りやすい食べ物がわかる!

「肥満遺伝子診断」で自分の遺伝子タイプを調べよう

人間は合計で60種類の肥満遺伝子を持つとされていますが、それらはリンゴ型、洋なし型、バナナ型の3種類にまでタイプを分類することができます。自分自身の遺伝子タイプがどの型なのかを簡単なステップで診断できるデブ診断サイトが「肥満遺伝子診断」。たった10問の質問に回答するだけで自動的に肥満遺伝子の診断結果が表示される、事前登録や利用料金が一切不要のサイトになっています。

実際に肥満遺伝子診断を受けてみよう

このサイトでは、合計10個の質問に対して、表示された3つの選択肢の中から、最も自分に適した回答を選んでチェックを入れるだけで診断を受けることができます。例として第1問目の質問は「太り始めるのはどこから?」という内容で、「お腹から太り始める」「下半身から太り始める」「全体的に太り始める」という3つの候補の中から一番自分の症状に近いものを選択します。私の場合はお腹がぽっこりと飛び出すことが一番の悩みなので、「お腹から太り始める」を選択しました。

10問目まで基本的にはこれの繰り返しであり、「子供の頃の体型は?」「あなたの好きな食べ物は?」といった設問に回答していきます。記述を求められる設問は一つも無いのでスラスラと答えることができ、あっという間に10問すべてを埋められることが魅力的ですね。筆者の場合は1分足らずで入力が完了し、「リンゴ型肥満遺伝子」を持っている可能性が高いことがわかりました。

リンゴ型肥満遺伝子の特徴を知ることができる

肥満遺伝子診断では、ただ単純に「あなたはリンゴ型肥満遺伝子です!」と知らせて終わるだけではなく、その特徴や痩せるための近道についての説明を閲覧することができます。その内容は実に細かく、基礎代謝が少なくなり糖分を分解する力が弱いという基本的な遺伝子の説明に始まり、特に太りやすく要注意な食べ物から、積極的に摂取すべき食べ物、最も向いているダイエット法、そしてやってはいけないダイエット法などが記されています。

筆者としても「なるほど、言われてみれば」と思う記述や「これって自分に起こっている問題そのものだ」と気付かせられる記述を多く見つけることができました。例えば、リンゴ型肥満遺伝子を持つ人物は「極端な糖質制限をすると逆に食欲が増えてしまう」という特徴を持っているのだそうですが、糖質制限ダイエットを決行して数kgのダイエットに成功した翌月から食欲が増大し、食べ過ぎてしまった結果としてリバウンドを招いてしまった過去を思い出し、思わず頭を抱えてしまいました。



実感がなかったら全額返金!【7 DAY DIET】

自分は本当にデブなのか?!客観的に診断してもらおう

デブなのか標準体型なのか、ハッキリさせたい場合に役立つ診断サイト

他人から太っていると指摘されるけれど、自分ではそうは思わないという方や、それとは反対に、他人に相談すると「別に太ってないから大丈夫だよ」と言われるけれど、本当は標準以上に太っているのではないかと疑心暗鬼になっている方もおられるでしょう。そういったお悩みを持つ方に真実を知らせてくれるデブ診断サイトも存在しています。

healthクリックの「BMIチェック」を活用して現在地を知る

Healthクリックというサイトでは、デブ診断用のコンテンツとして「健康セルフチェック」を用意しており、ここではBMIチェックを受けることができます。診断方法はシンプルで、身長と体重を入力して「計算する」タブをクリックするだけ。こちらも登録は不要ですし、お金も一切かからずにBMIを確認することができます。

入力が完了すると、自動的にあなたのBMI値が表示され、標準とされるBMIを上回っているか、それとも下回っているかが一目で分かります。同時にBMIから逆算した理想的な標準体重や、その体重にたどり着くまでに何kgのダイエットが必要なのかも表示してくれますから、ダイエットが必要なのか不要なのか、必要な場合には体重をどれくらい減らせばデブから脱却できるのかを判断することが可能です。

太っているように見られるかをチェックできる診断サイトも

太って見られる可能性

変わり種のデブ診断としては、実際の体重よりも太って見られているか否かをチェックできるというものもあります。これはスキンケア大学というサイトの「セルフチェック」コーナーに設けられたコンテンツであり、主に普段の姿勢に関する12個の質問に回答することによって、他人から体重以上に太っているように見られて損をしていないかどうかの診断結果を閲覧することができます。

質問内容は「鏡で横から見た時に、肩が前に入っていて背中が丸く見える」「最近首が短くなってきたように感じる」といったもので、「はい」または「いいえ」を選択するだけで構いません。筆者の診断結果は「実際の体重より太って見える可能性大!」。どうやら実際の体重以上に他人からデブに見られてしまう確率が高い姿勢を取っているようです。

簡単な内容ではありますが、対処法としてアドバイスが掲載されていますし、何よりも自分では気付くことがなく、あまり真剣に改善しようと考えたことの無かった姿勢の悪さを自覚できる良い機会になりますから、見た目を改善させるためにとても役立つ診断サイトであると言えるでしょう。

関連記事:痩せすぎ・肥満どちらも危険!肥満度を測るBMIとは?
関連記事:シンデレラ体重は危険!10代女子が犯しがちな危ないダイエット