オススメ!関西高級ホテルバイキング5選

ホテルのレストランで贅沢な料理を食べたいけど、コース料理だと軽く数万円いってしまうので気が引けてしまう、そんな人にお勧めなのがホテルのバイキングです。

価格はもちろんのことランチならば敷居も低いので入りやすく、明らかに値段以上のコストパフォーマンスで楽しませてくれる料理がズラリと食べ放題なんです。

ここでは高級ホテルなのに比較的リーズナブルな値段で楽しめる関西(大阪・京都)の高級ホテルバイキングを5つ選んでみました!ぜひお友達、家族、カップルで至高の時間を過ごしてください!

ウェスティン都ホテル京都カフェレストランアクアブルー

高級食材をダイナミックに調理した豪快な料理

アクアブルーのバイキングは、ボイル蟹やローストビーフ、ポークスペアリブといった食材を大胆に調理した料理の数々を楽しめることが特徴となっています。

しかし高級ホテルらしく繊細さも追及しており、蕪とズワイ蟹のマリネや鰤の炙り カルパッチョ仕立てといった冷製料理、甘鯛の蟹風味あんかけや牛肉の赤ワイン煮込みなどの温製料理など、手間暇をかけた奥深い味わいの料理も多数用意されています。

その他にも、おばんざいやお漬物といった京都ならではの料理や、お子様も喜ぶカレーライスなど、バラエティ豊かなメニューがテーブルを彩ります。

ディナータイムには職人が目の前で握るお寿司も堪能できる

目の前で切り分けや調理を行ってくれる「ライブキッチン」というシステムも、アクアブルーの醍醐味です。ランチタイムにもローストビーフや蟹入り味噌ラーメンといった豪華な食材を使用した料理を味わえます。

何といっても真骨頂はディナータイムのにぎり寿司コーナー。専任の寿司職人が目の前で握ってくれるスタイルですから、できたてのお寿司を好きな組み合わせでオーダーすることも可能です。こんな贅沢をバイキングスタイルで味わえるなんてありえない!

気になる料金は、ランチタイムはおひとり様3,500円(小学生1,750円)、ディナータイムはおひとり様5,100円(小学生2,550円)となっています。

ヒルトン大阪 ブラッセリー チェッカーズ

カジュアルな雰囲気でイタリアンを中心に楽しめる

JR大阪駅から徒歩2分という抜群の立地を誇るヒルトン大阪。その2階部分にあるのが、ブラッセリー チェッカーズです。

和洋中様々なメニューを提供しているバイキング形式のレストランですが、お店が最も自信を持っているジャンルはイタリアンです。

日替わりで提供されるパスタは自家製であり、モチモチとした触感を楽しめます。オープンキッチンで調理され、焼き立ての状態で登場する本格ピッツァもいつも大人気なオススメメニュー。

サラダの種類が豊富であることも特徴の一つであり、健康を意識した美食を第一に考えている様子が垣間見えることもポイントです。もちろん、バイキングで欠かすことのできないローストビーフも登場しますし、多彩な肉料理と魚料理で満腹になって帰宅することができます。

絶品スイーツにも定評があり、ママ会でも大人気

チェッカーズはお食事のメニューだけではなく、絶品のスイーツが揃っていることでも人気です。

ガトーショコラやチーズタルト、ストロベリータルトといった定番スイーツをはじめ、ブレッドバタープディングやミルフィーユ、ミックスフルーツコンポートなど、目でも舌でも楽しめるスイーツが揃っており、ママ会でも大人気となっています。

大人一名あたりの料金は、ランチタイムは平日3,250円・土日祝日3,450円、ディナータイムは平日3,700円・土日祝日3,950円です。

リーガロイヤルホテル京都 ALL DAY DINING KAZA

この投稿をInstagramで見る

久々のビュッフェ🍽🎶 どれもこれも美味しい😍💖

Naoさん(@naoao08)がシェアした投稿 –

洗練された大人の雰囲気に身を置き、高級食材を楽しめる

ALL DAY DINING KAZAは、上品で落ち着いた雰囲気の店内で高級食材の数々を味わうことのできる、本物を知る大人にとって最適とも言える空間のダイニングです。登場するメニューはランチタイムでも70種類を超え、飽きることなくお腹いっぱいになるまで食事を堪能することができます。

特徴的なのは、季節に合わせた高級食材を色々な料理で楽しめるという点でしょう。牡蠣やムール貝、紅ズワイ蟹などの海の恵みはもちろんのこと、豚肉のローストや鶏肉のグリル、牛肉のローストといった肉料理はライブキッチンで提供されるため、いつ取りに行っても作り立ての品を食べることができます

マンダリンオレンジのシャーベットや柚子のプリン、苺と泡チョコレートといったオシャレなデザートが多いことも嬉しいですね。

限定メニューが登場するディナータイムが特にオススメ

それらのメニューに加えて、ディナータイムには限定メニューとしてフォアグラのパルフェ コルネ仕立て、白身魚と鱈の白子 ピルピル仕立て、合鴨肉のコンフィ ハーブの香りなど、多くの個性的なメニューが登場するため、17時30分から21時までのディナータイムのご利用を強くお勧めします。

ディナータイムの大人料金は平日4,700円・土日祝日5,000円、ランチタイムの大人料金は平日3,000円・土日祝日3,500円となっています。

ホテルニューオータニ大阪 SATSUKI LOUNGE

フルーツバイキングが女性を中心に大人気

がっつりとしたお食事ではなく、スイーツだけでお腹を満たしたいと考える方にオススメなのがホテルニューオータニ大阪のSATSUKI LOUNGEです。

2016年度にはなんと23,000人以上もの方が駆け付けたという、いちごを主役に据えたスイーツビュッフェが今年も開催されています。「ホテルでいちご狩り」というテーマに恥じない、甘くてフレッシュないちごを心行くまで堪能できるプランであり、リピーターも後を絶ちません。

有名店が手掛けた特別なスイーツも登場する

ビュッフェに登場する数々のスイーツの中でも特にオススメで、ぜひとも一度は食べていただきたいメニューが、ピエール・エルメのいちごパフェ「ソフトクリーム セレスト」です。

いちごとルバーブのコンフィチュールの上にたっぷりといちごのソフトクリームが乗り、さらにいちごソースとパッションシードソースがあしらわれた上品な一杯に仕上げられているこのスイーツを食べられるのは、世界中でSATSUKI LOUNGEだけ。貴重な一杯はもちろん何度でもお代わりできますが、他のスイーツと一緒に食べても邪魔にならないように小さめに作られており、無理なく食べ切れることもポイントです。

各90分制の最大4部構成で連日開催されており、大人一人あたりの料金は平日で5,000円、土日祝日は5,500円に設定されています。

ホテル阪急インターナショナル ナイト&デイ

特別な一日を過ごすのに適したホテルバイキング

いくらホテルといえども、バイキングという言葉だけでつい敬遠してしまうという方も少なからず存在しますが、そういった方々をも満足させているのがナイト&デイです。

このお店が提唱するのは「フルコースを仕立てるように楽しめる」というスタイル。天井が高く開放的な空間で、あくまでも上品にバイキングを楽しめるお店となっています。繁忙期を除いた平日のランチタイムとディナータイム、そして日曜祝日のディナータイムには制限時間が無いため、残り時間を気にせず優雅な時間を過ごせることもオススメできるポイントの一つです。

ライブキッチンにも絶品料理が並ぶ

サラダ、スープ、メイン、ご飯もの、そしてスイーツと和洋中の様々なメニューが所狭しと並びますが、目の前のシェフに直接オーダーしてその場で調理してもらえるライブキッチンの料理はやはり格別です。サーロインステーキはトリュフソースで仕上げられる高級感溢れる一皿であり、蟹や海老、白身魚を惜し気もなく使用した魚料理は近くで眺めているだけでも幸せな気分に浸ることができます。

大人一人あたりの料金ですが、ランチタイムは平日3,500円・土日4,000円、ディナータイムは平日4,500円・土日祝日5,000円となっています。高級バイキングでお約束のローストビーフは、ディナータイムのみの限定メニューです。

バイキング形式なら高級ホテルのレストランでも気軽に楽しめる

以上、大阪・京都を代表する高級ホテルのビュッフェバイキングでした。

ディナーだと5000円程度とちょっと敷居の高い高級ホテルバイキングですが、ランチならば一人3000円台で利用できるものばかり。その値段でこれだけリッチで満足感の高い料理を楽しめるのは高級ホテルのバイキングならでは。

「高級ホテルのレストランは敷居が高そう・・・」と尻込みしているあなた、バイキング形式であれば全然大丈夫です。騙されたと思ってぜひ一度行ってみてください。はまること間違いなし!

関連記事:子供連れからデートまで!東京高級ホテルバイキング5選
関連記事:定番から変わり種まで 関西とんかつ屋5店を食べ歩き